• ホームホーム

  • 当山の思い当山の思い

  • 供養供養

  • 葬儀・墓地葬儀・墓地

  • 祈祷・加護祈祷・加護

  • 相談

  • 学び学び

各種お申し込み・お問い合わせ各種お申し込み・お問い合わせ

  • よくあるご質問

  • アクセス

ホーム > 相談 > 花言葉 > 花言葉別 さ~そ - 花言葉

相談

花言葉別 さ~そ

 /  /  /  / 

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
祭礼 ミズヒキ2
ミズヒキ2
多年草で、庭植え、鉢植え、茶花として用いられる。育てやすく、繁殖力が強い。繁殖は株分け、実生で行う。他に白花等がある。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
  • 東南アジア
9~10月 タデ科
寂しさに耐える カタクリ2
カタクリ2
カタコ、カタカゴとも言う。多年草で野山に郡生する。庭植え、鉢植え、ロックガーデン等に適している。水はけの良い土壌を好む。半日陰か落ち葉樹の下に秋植える。繁殖は実生と子球で行う。他にキバナカタクリがある。又外国産の園芸品は花色も豊富で栽培しやすく鉢花として人気が有ります。
  • 日本
4月 ユリ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
自愛
愛情
ロウバイ
ロウバイ
カラウメとも言う。花木で日本には江戸末期に渡来した。庭木、切花、茶花、盆栽として利用される。日当りの良い所を好むが、西日のあたる場所を避けて冬北風の直接あたらない所を選んで苗木を植える。繁殖は挿し木、接木で行う。
  • 中国
1~2月 ロウバイ科
幸せを招く フクジュソウ
フクジュソウ
ガンジツソウとも言う。多年草で昔から日本では目出度い花とされ正月の祝い花として、お飾り用にはなくてはならない福寿草です、江戸時代から栽培されている。鉢植え、庭植えに適し、半日日陰で水はけの良い所を好む。秋に株を植える、繁殖は株分け。他に一重、八重咲き等の品種がある。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
  • シベリア
2~3月 キンポウゲ科
自己愛
うぬぼれ
自尊心
気高さ
愛をもう一度 
スイセン
スイセン
セッチュウカ、ニホンズイセンとも言う。多年草で、花の形やつき方などで、ラッパズイセンなど12のグループに分類される。花壇、鉢植え、切花に適し、日当り、水はけの良い所を好む。秋に球根を植えて栽培する。数年間植えっぱなしにするほうが良い。八重咲きの品種もある。
  • スペイン
  • ポルトガル
  • 北アフリカ
  • 地中海沿岸
12~4月 ヒガンバナ科
自然愛 モクレン
モクレン
モクレンゲ、シモクレンとも言う。花木で、日本では、昔ランのような花に似ていることから木欄と呼び木の皮が染料に使われていました。庭木、生け花等に用いられる。日当りの良い所に秋又は春に苗木を植える、大木になる。繁殖は株分け、接ぎ木。花色は赤、紅、黄、紫、等の品種がある。
  • アジア大陸
  • 南米北部
  • 北米
  • 中国
3~5月 モクレン科
持続 サンシュウ
サンシュウ
ハルコガネバナ、アキサンゴとも言う。
日本には江戸時代に渡来した。庭木、花木で、公園樹、盆栽等に使用される。花と実のつきを良くするために、日当りと水はけのよい所に植える。丈夫なので栽培は容易である。金時という品種もある。
  • 中国
  • 朝鮮半島
3月 ミズキ科
失意 ムスカリ2
ムスカリ2
春花壇に、ブドウような青紫色の花を咲かせているのがムスカリです。球根草で、花壇、鉢植え等で栽培される。日当りと水はけのよいところに秋に球根を植える。栽培しやすい花である。他に青、紫、白花やハネムスカリなどの品種がある。
  • 地中海沿岸
  • 欧州
  • 西南アジア
3~4月 ユリ科
失望 ムスカリ
ムスカリ
春花壇に、ブドウような青紫色の花を咲かせているのがムスカリです。球根草で、花壇、鉢植え等で栽培される。日当りと水はけのよいところに秋に球根を植える。栽培しやすい花である。他に青、紫、白花やハネムスカリなどの品種がある。
  • 地中海沿岸
  • 欧州
  • 西南アジア
3~4月 ユリ科
思暴 ナデシコ
ナデシコ
ダイアンサスとも言う。秋の七草の一つとして数えられ、昔から愛用されてきた。多年草でヨーロッパ、アジア、アフリカに約300種画分布する。花壇、切花等で栽培される。日当りと通風のよい所に適し、寒冷地では霜よけが必要。春、秋に種子を蒔く。
  • ヨーロッパ
  • 中国
  • 北米
  • 日本
6~9月 ナデシコ科
思暴 ネジバナ
ネジバナ
モジズリとも言う。多年草で繁殖力があり野山や川の堤防等に群生した野性のものが見られる。鉢植えにして日当りと水はけのよいところで栽培する。盛夏時には半日陰が必要。繁殖は株分けか実生による。シロバナの栽培品種がある。
  • 日本
6~8月 ラン科
集中する ヤナギラン
ヤナギラン
ヤナギソウとも言う。日本を並びに北半球に分布する。花壇、鉢植えで栽培し、日当りと通風の良い所を好む。平地の高湿地では栽培が難しい。多年草で繁殖は株分け、実生。
  • 北半球
7~8月 アカバナ科
十分のぞみを達した ハナトラノオ
ハナトラノオ
カクトラノオ、フィソステギアとも言う。原多年草で、大正時代に日本に渡来した。花壇、鉢植え、切花に適し、日当りと、水はけがよければよく育つ。繁殖は3年毎に株分けして植え替える。早生、中生、晩生種等の品種がある。
  • アメリカ
7~9月 シソ科

愛敬
殊勝 
ユキヤナギ
ユキヤナギ
コゴメバナ、コゴメヤナギ、コゴメザクラ、ニワヤナギ等の呼び名もある。平安時代から愛されている、庭木、公園樹、切花等に用いられ、日当りと水はけの良い所を好む。栽培しやすい花木でである。他にピンク色の品種もある。
  • 日本
  • 中国
4月 バラ科
趣味 フクシア
フクシア
ホクシアとも言う。昭和初めにアメリカから鉢花として渡来した。鉢植えで、フクシャはメキシコなど、暑い国が原産ですが、高温多湿は苦手なようです、日本の夏は弱ってしまうので風通しのよいところに置く。日当り、水はけを良くして栽培する。冬は加温が必要。繁殖は挿し芽で行う。欧米には約2000の品種がある。
  • 中南米
通年咲く アカバナ科
呪文
霊感
マンサク
マンサク
花木で、庭木、盆栽、公園樹、生け花等に用いられる。半日影の水はけの良い所を好む。夏の乾燥と強い日照りに弱いので、日陰になるところを選ぶ。他に赤花の品種がある。
  • 日本
  • 中国
1~2月 マンサク科
純潔
飾らぬ美
クルマユリ
クルマユリ
カサユリ、コメユリとも言う。鉢植え、ロックガーデン等で栽培され、球根草で、水はけの良い土を好む。繁殖は分球、鱗片挿しで。採取は禁じられている。
  • 日本
  • 中国
  • シベリア
7~8月 ユリ科
純潔
精神美
サクラ2
サクラ2
花木で江戸末期に売り出された。庭木、公園、街路樹、盆栽等に用いられる。陽光を好むが病害虫、公害に弱い。繁殖は接ぎ木、実生、挿し木による。桜は世界に約200種と、園芸種がたくさんある。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
  • 台湾
4月 バラ科
純潔
謙遜
スズラン
スズラン
キミカゲソウとも言う。多年草で、花壇、鉢植え、切花等に適している。丈夫で耐寒性があるが、夏には乾燥のしすぎに注意する。半日影の腐植質の土地に植え、繁殖は芽わけによる。野生種の他に園芸種のドイツスズランがある。
  • 日本
  • ヨーロッパ
  • 中国
  • 北米
4~5月 ユリ科
純潔
清純
スノーフレーク
スノーフレーク
花はスズラン、葉はスイセン、に似ていることから、スズランスイセンとも言う。球根草。花壇、鉢植え、ロックガーデン等に利用される。耐寒性があり栽培しやすいが、夏の休眠中は乾燥を嫌う品種もある。秋に植える。矮性種等の品種がある。
  • 地中海
4~5月 ヒガンバナ科
純潔 テッポウユリ
テッポウユリ
秋植え球根草で、花壇、切花で栽培され、日当りの良い所を好む。繁殖は鱗片挿しで、球根を育てる。
  • 奄美諸島
  • 沖縄諸島
6~7月 ユリ科
純潔
無邪気
フリージア2
フリージア2
アサギスイセンとも言う。球根草で、明治末期に日本に渡来した、花壇、鉢植え、切り花にてきし、日当り、水はけの良い所を好む。秋植え球根草である。
  • 南アフリカ
1~3月 アヤメ科
純潔 ヤマユリ
ヤマユリ
球根草。庭植え、花壇で栽培され、根は食用としても利用される。半日影を好む。球根を深植えにして上根が十分張れるようにするのがポイントである繁殖は分球による。
  • 日本
7~8月 ユリ科
情愛 スイバ
スイバ
スカンポとも言う。多年草で野性種はタンポポと同じく広く群生している。日当りの良い所を好む。あまり栽培されないが、鉢植えの寄せ植えにはヒメスイバを植えると良い。
  • 日本
4月 タデ科
消息 キショウブ
キショウブ
多年草で、明治中期に日本に渡来した。水鉢、切花等で栽培さし、日当りの良い湿地を好む。秋植え替える、繁殖は株分け又は実生による。八重咲き、斑入り葉、白花等の品種がある。
  • ヨーロッパ
5月 アヤメ科
焦点 ヤナギラン2
ヤナギラン2
ヤナギソウとも言う。日本を並びに北半球に分布する。花壇、鉢植えで栽培し、日当りと通風の良い所を好む。平地の高湿地では栽培が難しい。多年草で繁殖は株分け、実生。
  • 日本
  • 北半球 
8~9月 アカバナ科
情熱 ブーゲンビレア
ブーゲンビレア
イカダカズラとも言う。花木で、多年草木、冬の寒い季節は落葉するが春に若芽がいっぱい吹き出す。明治中期日本に渡来した。花壇、鉢植えで栽培され、日当りの良い所を好む。花は温室では通年見られる。繁殖は挿し木で。
  • 南アメリカ
温室で通年 オシロイバナ科
少年時代の希望 サクラソウ
サクラソウ
江戸時代から栽培されている。花をお茶にして飲むとウツ病や不眠症が治るといわれています。鉢植え、庭植えで栽培し、暑さに弱い。やや湿ったところを選んで植える。繁殖は株分けか種子による。約300品種があると言われている。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
4月 サクラソウ科
上品 ササユリ2
ササユリ2
サユリとも言う。秋に球根を植え付ける。球根草で、茶花として利用される。夏には半日陰になるところが良いが、栽培は難しい。繁殖は種子による。
  • 日本
5~8月 ユリ科
深刻な友情 キョウチクトウ
キョウチクトウ
江戸中期日本に渡来した。庭木、街路樹として利用されている花木である。毒性が強いので小さい子供の居る家へのお祝いにはむきません。日当りの良い所を好み、丈夫で育てやすい。繁殖は挿し木で行う。花色はピンク、赤紫、白、斑入り等の品種がある。
  • インド中近東
7~8月 キョウチクトウ科
慎重
用心
ナナカマド2
ナナカマド2
落葉高木で、街路樹、庭木、盆栽、生け花等に利用されるが、耐暑性に劣る。家庭ではあまり栽培されないが、盆栽仕立で鑑賞できる。色付く実を鑑賞する。変種にツシマナナカマド、サビバナナカマドがある。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
色づき10月 バラ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
優れた美人 サクラ
サクラ
花木で江戸末期に売り出された。庭木、公園、街路樹、盆栽等に用いられる。陽光を好むが病害虫、公害に弱い。繁殖は接ぎ木、実生、挿し木による。桜は世界に約200種と、園芸種がたくさんある。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
  • 台湾
4月 バラ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
正義 ホタルブクロ2
ホタルブクロ
ツリガネソウとも言う。鉢植えやロックガーデンに用いられ、日当りの良いところを好む。丈夫で栽培しやすい多年草である。他にヤマホタルブクロがある。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
  • シベリア
3~9月 キキョウ科
正義 リンドウ
リンドウ
トウリンドウとも言う。鉢植えや切花として利用される。水はけの良いところを好み、夏は水を多く与えると良い。但し花びらに水をかけると花が閉じまる、蕾は花が開かない事があるので、花を見るならすでに開いたものを買うとよい。。繁殖は挿し芽、実生、株分けで、他に花色違いの園芸種がある。
  • 日本本州中部以北
  • サハリン
  • 千島
9~11月 リンドウ科
正義
サブ
ルドベキア2
ルドベキア2
アラゲハンゴンソウとも言う。明治中期、日本に渡来した。多年草又は一,2年草で日本に野生化している種もある、日当りと水はけの良い花壇等で栽培する。種子は春に蒔く。繁殖は実生、株分け。
  • 北アメリカ
6~9月 キク科
誠実 エビネ2
エビネ2
多年草世界に約100種が分布している日本にも20種が自生している。鉢植え、庭植えで湿度が高く、木漏れ日程度の日当りのところに植える。水はけと通気性に気を付け、肥料は少なめにすると良い。
  • 日本
  • 温帯・熱帯アジア地方
4~8月 ラン科
誠実 カンパニュラ2
カンパニュラ2
ベルフラワー、フウリンソウとも言う。多年草又は1・2年草で、日本には明治初年に渡来した。花壇、切花、鉢植えハンギング、ロックガーデンで栽培され、水はけの良い半日陰を好む。花色違いの品種がある。
  • 北半球の熱帯地域
6~7月 キキョウ科
誠実 ツリガネニンジン2
ツリガネニンジン2
ツリガネソウ、トトキとも言う。多年草で、庭植え、鉢植え、茶花として用いられ、日当りの良いところを好む。繁殖は株分け、挿し芽。
  • アメリカ
8~10月 キキョウ科
青春の喜び
じれったい
クロッカス2
クロッカス2
ハナサフランとも言う。日本には大正初期に渡来した。花壇、鉢植え、水栽培に用いられる。日当りと水はけのよい所に球根を植える。繁殖は分球による。他に約80種があり、耐寒性にも強く、園芸種も多い。
  • 地中海沿岸
3~4月 アヤメ科
清純 シュンラン2
シュンラン2
ホクロ、ジジババとも言う。多年草で、鉢植え、庭植えで、午前中に日が当たるところか半日陰の場所が良く、多湿を嫌うので水はけの良い土に植える。の品種がある。
  • 日本
  • 中国
4月 ラン科
清純な心 スイレン
スイレン
水生多年草で、明治28年に日本に導入された。庭園、公園、鉢植え等で栽培され、日当りの良いところを好む。熱帯性の品種は15℃以上の温度と水深30センチ以上の水槽が必要。植付けは4月に行う。
  • 熱帯アフリカ
  • 中南米
5~9月 スイレン科
清浄 ササユリ
ササユリ
サユリとも言う。球根草で、北半球に約100種が分布する。日本には15種自生するが、観賞価値の高い種が多く、園芸品種の大多数は日本産のユリの血をひいている。。又茶花としても利用される。夏には半日陰になるところが適しているが、栽培は難しい。繁殖は種子による。
  • 日本
6~7月 ユリ科
清楚 トサミズキ
トサミズキ
イヨミズキとも言う。花木で、庭木、公園樹、盆栽、切花等に利用される。日当りと水はけの良い土地を好む。繁殖は挿し木による。斑入りの品種もある。
  • 日本
3月 マンサク科
征服 ヤドリギ
ヤドリギ
ホヤ、ホヨ、トビヅタとも呼ばれている。常緑寄生低木。通常は栽培されない。実はに色付く。種類にアカミヤドリギがある。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
色づき11~12月 ヤドリギ科
生命力 セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウ
セイタカアキノキリンソウとも言う。多年草で、明治時代日本に渡来した。土手や荒地などに生える。似たものにオオアワダチソウがある。
  • 北アメリカ
10~11月 キク科
勢力 ススキ
ススキ
オバナ、かやとも言う。多年草で、秋の七草に数えられ、又月見にも欠かせない。庭植え、切花、生け花、茶花等に利用される。非常に丈夫で栽培しやすい。斑入りのタカノハススキには観賞価値がある。他にイトススキ、ヤクシマスシキ等は鉢植えで楽しまれる。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
8~10月 イネ科
切実な愛情
深い愛情
ユキノシタ
ユキノシタ
多年草で、鉢植えで栽培できる。渓流などの北斜面の日陰を好み、乾燥を嫌う。庭植えでは日陰の下草として植える。斑入りの品種もある。
  • 日本
  • 中国
5月 ツツジ科
節制 ドウダンツツジ
ドウダンツツジ
ドウダンとも言う。花木、庭木、公園樹、生垣に用いられ、日当りと水はけの良い場所を好む。3~4月植付け、腐用土を施す、乾燥を嫌う。他にべニドウダン等がある。
  • 日本
  • 中国
5月 ツツジ科
繊細 ヤグルマソウ
ヤグルマソウ
ヤグルマギクとも言う。原産の一年草で、明治中期に日本に渡来した。花壇、切花に適し、日当りと通風の良いところを好む。種子は秋蒔きである。花色は白、ピンク、紫、青、赤色などで、八重咲き等の品種もある。
  • ヨーロッパ東南部
4~5月 キク科
繊細な美
信念
ムクゲ
ムクゲ
ハチスとも言う。花木で、日本でも古くから栽培されている。公園、生垣、茶花、生け花などに用いられ、日当りと水はけの良いところを好む。土質を選ばないので育てやすい。繁殖は挿し木で行う、他に八重咲きの品種もある。
  • 中国
  • 東南アジア
7~9年 アオイ科
繊細美 ハイビスカス
ハイビスカス
ブッソウゲとも言う。花木で、日本には江戸初期に渡来した。庭木、鉢植えで、栽培される。日当りの良いところを好み、日陰に長く置くと花は咲かない。花はおおむね一日でしぼむ、長く持たせる花束にはむきません。繁殖は接木、挿し木による。
  • 中国南部
7~9年 アオイ科
選択
誘惑
後悔
リンゴ
リンゴ
果樹で、日本には明治初期に輸入された。生食されるが、庭木、盆栽にも利用される。日当り水はけの良いところを好む。日本産の品種もある。花色は白、淡桃色。
  • ヨーロッパ
4~5年 バラ科
善良で陽気 アカツメクサ2
アカツメクサ
ボタンイチゲ、ベニバナオキナグサとも言う。秋植えの球根草で、園芸種は同属のフルゲンス種などの自然交雑株からと考えられている。花壇や鉢植え、切り花に適し、日当り水はけのよい所に植えると良い。酸性の土を嫌う。高温期に植えると球根が腐りやすいので注意する。品種は約100種ある。
  • 地中海沿岸
4~5月 キンポウゲ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
荘厳
威厳
シャクナゲ2
シャクナゲ2
花木、庭園、鉢植えに用いる。夏の暑さを嫌うが、冬の寒さに強い。乾燥には気をつけること。繁殖は接ぎ木による。欧米では園芸品種が多い。
  • ヒマラヤ
  • 北アメリカ東部
  • ヨーロッパ
  • 日本
5~6月 バラ科
壮大な美 テンナンショウ
テンナンショウ
テンナンショウは属の総称でマムシグサ等の種類である。多年草で、鉢植え、庭えに適し、半日陰の水はけのよい所に植える。潅水と肥料は多めに与える。
  • 日本
  • アジア
  • アフリカ
  • 北アメリカ
4~5月 サトイモ科
聡明 ムラサキシキブ
ムラサキシキブ
ミムラサキ、コメゴメともいう。落葉低木で、古くから知られている。庭木、鉢植え、切り花として利用される。日当たりの良い所か半日陰でも良い、乾燥を嫌う。土質を選ばない。10~11月色実を鑑賞する。他にシロシキブ等の品種もある。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
  • 台湾
6~7月 クマツヅラ科
尊敬
なつかしい関係
ツユクサ
ツユクサ
ホタルグサ、ツキクサ等の呼び名がある。古代日本では、この花の汁で布を染めたことが、あったようです。多年草で、庭植え茶花として用いられ、日当たりの良い所を好む。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
6~9月 ツユクサ科

ページの先頭に戻る