• ホームホーム

  • 当山の思い当山の思い

  • 供養供養

  • 葬儀・墓地葬儀・墓地

  • 祈祷・加護祈祷・加護

  • 相談

  • 学び学び

各種お申し込み・お問い合わせ各種お申し込み・お問い合わせ

  • よくあるご質問

  • アクセス

ホーム > 相談 > 花言葉 > 花言葉別 ま~も - 花言葉

相談

花言葉別 ま~も

 /  /  /  / 

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
真心
乙女の心
コスモス2
コスモス2
アキザクラ、オオハルシャギクとも言う。一年草でには明治時代日本に渡来した。花壇、鉢植え、切り花等に用いられ、日当たりと水はけの良い所を好む。発芽温度は15~20℃で種子は春蒔き、花色違いの品種がある。
  • メキシコ
8~11月 キク科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
未亡人 マツムシソウ
マツムシソウ
越年草。庭植え、鉢植え、ロックガーデン、茶花、生け花等に広く利用されており、日当たり、水はけの良いところを好む。繁殖は実生で。
  • 日本
  • 朝鮮半島
8~10月 マツムシソウ科
魅力 クロガネモチ
クロガネモチ
庭木で、公園樹にも利用される。日当たりの良いところか半日陰を好む。実はに色付く。繁殖は実生、接ぎ木、挿し木による。他に実の黄色い品種もある。
  • 日本
  • 中国
  • 台湾
10~11月 モチノキ科
魅惑 デンファレ
デンファレ
多年草で、日本でも近年栽培が盛んになってきた。鉢植え、切り花に適し、日当たりの良いところを好み、暑さに強い。冬季には加温が必要です。種類は豊富である。
  • オーストラリア
  • ニューギニア
通年 ラン科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
無益
希望
シモツケソウ
シモツケソウ
クサシモツケとも言う。多年草で、日当たりの良いロックガーデン等で栽培する.鉢植えで寄せ植えにすると良い。仲間にキョウガノコ等がある。
  • 日本
7~8月 バラ科
無限の悲しみ アリウム
アリウム
アリウムはネギ科のことですが、園芸上は観賞用の種を総称した呼び名である。球根草で、昭和に日本に渡来した。花壇、切り花、鉢植え、生け花等に用いられ、花色が多様で美しいものが多い。秋に球根を植え付ける、酸性壌土を嫌うので石灰を入れるとよい。繁殖は分球による。
  • ヨーロッパ
  • アジア
  • 北アフリカ
  • 北アメリカ
6~7月 ユリ科
無邪気 フリージア
フリージア
アサギスイセンとも言う。球根草で、寒さに弱い冬は温室に入れればきれいな花を付けます。明治末期に日本に渡来した。花壇、鉢植え、切り花にて使用される。日当り、水はけの良い所を好む。球根は秋に植える。
  • 南アフリカ
1~3月 アヤメ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
名声
思いやり
恋の宣言
博愛
チューリップ2
チューリップ2
ウッコンソウとも言う。球根で園芸品種の多くはオランダから輸入されたものだが、近年日本で作られたものも多くなってきた。花壇、鉢植え、切り花で栽培され、日当たり、水はけの良い所に10~11月に植える。砂分の多い軽い砂壌土を好む。鉢に球根を植えると戸外より早く開花する。
  • 中央アジア~北アフリカ
4~5月 ユリ科
名誉 スイセンノウ2
スイセンノウ2
フランネルソウとも言う。多年草で、北半球の温帯、寒帯に35種、日本にも8種類が分布する。花壇、切花に用いられる。日当りのよいところと乾燥を好み、湿気を嫌うが、栽培しやすい植物である。繁殖は株分け、挿し芽で。白花等の品種がある。
  • ヨーロッパ南部原
7~8月 ナデシコ科
名誉
女性
ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ
花木で、日本には10世紀以上前に渡来した。庭木、生垣として利用され、日当りと水はけの良いところを好む。寒寒冷地に強いので育てやすい。繁殖は挿し木、株分けで、類品種でアメリカノウゼンカズラがある。
  • 中国
7~8月 ノウゼンカズラ科
明朗 ウメモドキ
ウメモドキ
庭木で、盆栽、生け花等にも利用される。日当たりがよく、やや湿ったところを好む。色ついた実を鑑賞する。繁殖は実生、接ぎ木、挿し木による。実が黄色いものもある。
  • インド中近東
7~8月 キョウチクトウ科
恵まれた人 キョウチクトウ2
キョウチクトウ2
江戸中期日本に渡来した。庭木、街路樹として利用されている花木である。毒性が強いので小さい子供の居る家へのお祝いにはむきません。日当りの良い所を好み、丈夫で育てやすい。繁殖は挿し木で行う。花色はピンク、赤紫、白、斑入り等の品種がある。
  • インド中近東
7~8月 キョウチクトウ科
恵まれぬ心 マツムシソウ2
マツムシソウ2
花木で、庭木、盆栽、公園樹、生け花等に用いられる。半日影の水はけの良い所を好む。夏の乾燥と強い日照りに弱いので、日陰になるところを選ぶ。他に赤花の品種がある。
  • 日本
  • 朝鮮半島
8~10月 マツムシソウ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
燃える想い
家族愛
サルビア
サルビア
ヒゴロモソウとも言う。一年草で、明治中期日本に渡来した。花壇、鉢植えで栽培され、日当たりと水はけの良い土地を好む。春に種子を蒔く、乾燥に弱いので灌水に注意する。花色は赤、ピンク、青、紫、白の品種がある。
  • ブラジル
8~10月 シソ科
燃える想い ピラカンサ
ピラカンサ
トキワサンザシとも言う。庭木で、明治中期に日本に渡来した。庭木、公園樹、盆栽、切り花等利用され、日当たり、水はけの良いところなら土質を選ばない。実を鑑賞する。黄色の実がつく品種もある。
  • 西アジア
  • 南ヨーロッパ
色づき10~12月 バラ科
燃える想い リアトリス
リアトリス
キリンギク、ユリアザミとも言う。多年草で、大正末期日本に渡来した。花壇、切り花等に用いられる。寒冷地でも栽培できる。春に種子を蒔くと翌年のに開花する。繁殖は実生、株分け。
  • 北アメリカ
6~9月 キク科
燃える心
情熱
サボテン
サボテン
シャボテンとも言う。多肉植物で、大正時代日本に渡来した。温室、鉢植え等で栽培される。普通は温室栽培し、出来る限り日照時間を長くする。根が鉢いっぱいになったら、植え替えをしてやる。各属毎に種類がある。
  • 南北アメリカ
  • メキシコ
6~8月 サボテン科
物思い
思想
パンジー
パンジー
サンシキスミレ、ユウチョウカ、ジンメンソウとも言う。一年草で、江戸末期に日本に渡来した。花壇、鉢植え、切り花等に適し、日当たりが良く、涼しい気候を好む。高温多湿に弱い。種子を秋に蒔けば、に開花する。大きさや色など、品種が豊富である。
  • 北ヨーロッパ
3~5月 スミレ科
もろき熱愛 >ヒナゲシ
ヒナゲシ
クビジンソウ、ポピー、コーンポピーとも言う。一年草で、は江戸時代に日本に渡来した。花壇、切り花に用い、日当たり、風通し、水はけの良いところを好む。種子は秋に蒔く。
  • ヨーロッパ中部
4~5月 ケシ科

ページの先頭に戻る