• ホームホーム

  • 当山の思い当山の思い

  • 供養供養

  • 葬儀・墓地葬儀・墓地

  • 祈祷・加護祈祷・加護

  • 相談

  • 学び学び

各種お申し込み・お問い合わせ各種お申し込み・お問い合わせ

  • よくあるご質問

  • アクセス

ホーム > 相談 > 花言葉 > 花言葉別 か~こ - 花言葉

相談

花言葉別 か~こ

 /  /  /  / 

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
快活さ ナノハナ
ナノハナ
ナタネナ、ナバナとも言う。一年草で、日本でも古くから栽培されている。花壇、切花に用い、日当り、水はけの良い所を好み、寒さに強い。9~10月種を蒔く。
  • 南ヨーロッパ
  • 東アジア
2~4月 アブラナ科
輝く心 オキザリス
オキザリス
世界には約500種ある。日本には大正中期に渡来した。球根で、鉢植え、花壇、グランドカバー等に利用される。日当りと水はけの良い所を好む。
  • 南アメリカ
  • 南アフリカ
1~4月 カタバミ科
飾らない心
素朴
シンビジウム
シンビジウム
多年草で、日本でも近年栽培が盛んになってきた。鉢植えや切花で栽培され、湿地と日当りの良い所を好み、暑さに強い。対寒性にやや弱いものもある。。繁殖は株分けによる。小型、大型種の色違や沢山の品種がある。
  • 東アジア
  • インドシナ半島
  • アンナン高原
  • オセアニア
周年
12~5月
ラン科
片思い
シュウカイドウ
シュウカイドウ
日本には江戸前期に中国から渡来した。多年草で各地に野生化したものが見られる。庭植え、鉢植え生け花、茶花当に利用され、半日日陰と多湿なところを好む。秋に種子を蒔く。
  • 中国
  • マレー半島
9~10月 シュウカイドウ科
活力
勢力
ススキ2
ススキ2
オバナ、かやとも言う。多年草で、庭植え、切花、生け花、茶花等に利用される。非常に丈夫で栽培しやすい。斑入りのタカノハススキは鉢植えで楽しまれる。他にイトススキ等がある。
  • 南千島
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国(東アジア)
8~10月 イネ科
悲しい思いで
ヒガンバナ
ヒガンバナ
マンジュシャゲとも言う。多年草、庭植え、鉢植え、生け花に用いられ、日当りの良い所を好み、丈夫で増えやすい。繁殖は分球又は実生による。他にシロバナヒガンバナがある。
  • 日本
  • 中国
9月 ヒガンバナ科
華麗
富と誇り
オニユリ
オニユリ
日本には古くから食用として渡来した。花壇、庭植えで栽培され、日当りの良い所を好む。田んぼの畦に野生化しているのをよく見かける。繁殖は球根草で、鱗片挿しによる。他に、八重咲きがある。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
7~8月 ユリ科
変わらぬ愛
誠実
従順
キキョウ
キキョウ
アリノヒフキグサ、キチコウ、オカトトキとも呼ばれる。多年草で、日本でも古くから知られている。花壇、切花、生け花等に用いられる。粘質土を好み、春に種子を蒔くか、秋に株を植える。繁殖は株分けか実生による。他に八重咲き等の品種がある。
  • 日本
  • 中国北部
  • 朝鮮半島
6~9月 キキョウ科
変わらぬ愛情 センニチコウ
センニチコウ
センニチソウともいう。春まき一年草で、日本には江戸時代に渡来した。花壇、鉢植え、切花として用いられ、日当り、水はけの良い所を好む。耐寒性に弱い。春に種子を蒔く。
  • 南アジア
  • 熱帯アメリカ
7~10月 ヒユ科
変わりやすい愛情 パフィオペディルム
パフィオペディルム
日本でも近年栽培が盛んになってきた。多年草で、鉢植え、切花で栽培される。湿地と水はけの良い土を好み、水やりは多めにする。半日日陰を好む。開花は冬から春にかけて。
  • 熱帯アジア
11~3月 ラン科
歓喜 クロッカス
クロッカス
ハナサフランとも言う。日本には大正初期に渡来した。花壇、鉢植え、水栽培に用いられる。日当りと水はけのよい所に球根を植える。繁殖は分球による。他に約80種があり、耐寒性にも強く、園芸種も多い。
  • 地中海沿岸
3~4月 アヤメ科
歓迎
あなたを歓迎します
フジ2
フジ2
ノダフジとも言う。うす紫色、白色の花木で、庭木、盆栽に適し、日当りの良い湿地を好む。植付けは萌芽前の3~4月に。繁殖は接木による。花色違いや八重咲きなどの品種がある。
  • 日本
4~6月 マメ科
感謝 カンパニュラ
カンパニュラ
ベルフラワー、フウリンソウとも言う。多年草又は1・2年草で、日本には明治初年に渡来した。花壇、切花、鉢植えハンギング、ロックガーデンで栽培され、水はけの良い半日陰を好む。花色違いの品種がある。
  • 北半球の熱帯地域
6~7月 キキョウ科
感謝 ツリガネニンジン
ツリガネニンジン
ツリガネソウ、トトキとも言う。多年草で、庭植え、鉢植え、茶花として用いられ、日当りの良いところを好む。繁殖は株分け、挿し芽。
  • 日本
8~10月 キキョウ科
スイセンノウ
スイセンノウ
北半球の温帯、寒帯に35種、日本にも8種が分布する。種は秋蒔ききする。鉢は毎年、庭植えは数年に一度。
  • 北半球の温帯~寒帯
5~9月 ナデシコ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
期待
恋の苦しみ
薄れ行く希望
アネモネ2
アネモネ2
ハナイチゲ、ベニバナオキナグサ、とも言う。秋植えの球根草で、花壇や鉢植え、寄せ植え、切り花に適し、日当り水はけのよい所に植えると良い。酸性の土を嫌うので、植える前に石灰を入れる。植付けは高温期に腐りやすいので注意する。
  • 地中海沿岸
4~5月 キンポウゲ科
気取らぬ魅力
ひかえめな美徳
細工の愛らしさ
ツバキ
ツバキ
花木、散るときは花首からぼたりと落ちそれがちょっと縁起が悪く見える、病気見舞いや新築祝いには向かない花です。庭木、公園樹、鉢植え等に適し、水はけの良い半日日陰の土地を好む。土は粘土質より軽い赤土、黒土が適している。花色は赤、白、ピンク、複色、覆輪。
  • 日本
  • 中国
  • 東南アジア
12~4月 ツバキ科
気取り屋 ハゲイトウ2
ハゲイトウ
ガンライコウとも言う。花は葉の付け根に小花が密着して咲きますが観賞用には向きまさん、花ではなく葉を鑑賞するものです。江戸後期に渡来した。一年草で日当りの良い乾燥地を好む。春に花壇などに種子を蒔く、土質を選ばないので育てやすい。色は赤花、黄花、緑等の品種がある。
  • 熱帯アジア
9~11月 ヒユ科
気品 シュンラン
シュンラン
ホクロ、ジジババとも言う。多年草で、鉢植え、庭植えで、午前中に日が当たるところか半日陰の場所が良く、多湿を嫌うので水はけの良い土に植える。
  • 日本
  • 中国
4月 ラン科
気品が高い ヤマブキ
ヤマブキ
オモカゲグサとも言う。花木で、庭木、公園樹、茶花、切花、等に用いられる。園芸種には黄色のほかに白花のシロバナヤマブキ、八重咲き斑入りのヤエヤマブキ、キクザキヤマブキの品種がある。半日陰で水はけの良いところを好み、乾燥地を嫌う。繁殖は春芽が出る前に株分けする。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
4月 バラ科
希望 レンギョウ
レンギョウ
レンギョウウツギとも言う。丈が2~3メートルの花木で黄金色の花をつける、日本にはいつ頃渡来したかははっきりしていませんが、千年以上前に日本で出された薬の本に、レンギョウの名前が登場しています。庭木、公園樹、盆栽、生け花などに用いられる。日当りと水はけの良いところを好む。
  • 中国
3~4月 モクセイ科
気まぐれ ワックスフラワー
ワックスフラワー
常緑低木で、日本で扱われるようになったのは近年になってかである。鉢植え、切花に用いられる、日当りの良いところをに植える。繁殖は実生、挿し木による。
  • オーストラリア
2~4月 フトモモ科
逆光の中の活力
苦難の中での力
カミツレ
カミツレ
カモミールとも言う。一年草で、日当り、水はけの良いところを好む。種子は秋蒔である。繁殖は挿し目。
  • インド
  • ヨーロッパ
6~7月 キク科
清らかな愛 カーネーション2
カーネーション2
オランダナデシコとも言う。多年草で、日本には江戸時代渡来した。花壇、鉢植え、切花、生け花などに用いられ、日当り、水はけの良いところを好む。春か秋に種子を蒔いて栽培する。花色はピンク、赤、白、黄色等の品種がある。
  • 南ヨーロッパ
  • 西アジア
  • アフリカ
通年 ナデシコ科
疑惑
不信
ハナズオウ2
ハナズオウ2
スオウギとも言う。日本には江戸時代渡来した。花木で、庭木、公園樹に用いられ、日当り水はけの良い砂質壌土ところに植える。油粕、鶏糞、化成肥料などを1~2月と花後に与える。他にシロバナハナズオウ等がある。
  • 中国
4月 マメ科
勤勉 アカツメクサ
アカツメクサ
ムラサキツメクサとも言う。日本には明治初年に渡来した。多年草で、日当りの良い湿ったところを好む。仲間にシロツメクサがある。
  • 中国
5~10月 マメ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
空想
貪欲
いつも幸せ
ルピナス
ルピナス
ハウチワマメ、ノボリフジとも言う。2年又は多年草寒さには強いのですが暑さには弱いです。。花壇、鉢植え、切花等に用いられる。日当り水はけの良い所を好み、酸性土を嫌う。種子は9月に蒔き、冬は霜よけが必要。
  • 地中海沿岸
  • 南アフリカ
4~6月 マメ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
慶事 ミズヒキ
ミズヒキ
多年草で、庭植え、鉢植え、茶花として用いられる。育てやすく、繁殖力が強い。繁殖は株分け、実生で行う。他に白花等がある。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
  • 東南アジア
9~10月 タデ科
結合 ガマズミ
ガマズミ
落葉低木繁殖力が強い野山に良く見られる。庭園、庭木として、日当りの良い場所、あるいは半日日陰でも育つ。土質を選ばないので育てやすい。繁殖は実生、挿し木で行う。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
実の色つき9~10月 スイカズラ科
決心
愛情
ゼラニュウム
ゼラニュウム
ペラルゴニラム、モンテンジクアオイとも言う、多年草で、日本には江戸末期に渡来した。鉢植え、花壇、吊り鉢等に利用され、日当り水はけの良い所を好む。繁殖は挿し木で。一重、八重咲きなどの品種がリ花色は赤、ばら色、白等があるある。
  • 南アフリカ
通年 フウロウソウ科
謙虚 エビネ
エビネ
多年草世界に約100種が分布している日本にも20種が自生している。鉢植え、庭植えで湿度が高く、木漏れ日程度の日当りのところに植える。水はけと通気性に気を付け、肥料は少なめにすると良い。
  • 日本
  • 温帯・熱帯アジア地方
4~8月 スイカズラ科
堅固
忘却
勝利
密会
用心
グラジオラス2
グラジオラス2
トウショウブ、オランダアヤメとも言う。、球根草で、日本には近年導入された。花壇、切花として栽培され、日当りと水はけの良い所を好む。春に球根を植え、繁殖は分球による。
  • 南アフリカ
  • 地中海
7~8月 アヤメ科
謙譲 ツワブキ
ツワブキ
タクゴとも言う。日本庭園には欠かせない植物で多年草である、日本では江戸時代から栽培されている。花壇、鉢植え、切花、生け花等に用いられ、半日陰を好む。春か秋に植えて育てる。繁殖は株分け。黄色の斑入り等の品種がある。
  • 日本
  • 中国
11~12月 キク科
献身的な愛 ツキヌキニンドウ2
ツキヌキニンドウ2
タクゴとも言う。日本庭園には欠かせない植物で多年草である、日本では江戸時代から栽培されている。花壇、鉢植え、切花、生け花等に用いられ、半日陰を好む。春か秋に植えて育てる。繁殖は株分け。黄色の斑入り等の品種がある。
  • 北アメリカ
6~7月 スイカズラ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
恋占い マーガレット
マーガレット
モクシュンギク、キダツカミツレとも言う。多年草で、明治末期にフランスから導入された。花壇、鉢植え、切花に良いが、高温多湿を嫌う。庭植えの場合は霜が降りると枯れてしまうので注意する。繁殖は挿し芽で。一重、八重咲き等の品種もある。
  • カナリー諸島
1~5月 キク科
恋に酔う
あなたを歓迎いたします
フジ
フジ
ノダフジとも言う。花木で、庭木、盆栽に適し、日当りの良い湿地を好む。植付けは萌芽前の3~4月に。繁殖は接木による。花色は淡紫色、白、八重咲きなどの品種がある。
  • 日本
5月 マメ科
恋の訪れ アガパンサス
アガパンサス
ムラサキクンシランとも言う。本来は常緑の多年草だが日本では冬に葉が枯れこむ。日本には明治中期に渡来した。花壇、鉢植え、切花に用いられ、水はけの良い半日日陰を好む。繁殖は株分け、春に根茎を植え込む。栽培は比較的やさしい。他に白花等の品種がある。
  • 南アフリカ
6~7月 ユリ科
恋の悲しみ ホテイアオイ
ホテイアオイ
ホテイソウ、ウオーターヒヤンシンスとも呼ばれている。日本には明治中期に渡来した。水生多年草で暖かい地域に広く野生化している、水鉢栽培では水深を10~15センチにし、日当たりの良い所に置く。繁殖は株分け。
  • 南アメリカ
8~10月 ミズアオイ科
恋の使い
雄弁
軽快
柔らかな知性
アイリス
アイリス
イリス、オランダアヤメ、ダッチアイリスとも言う。日本には近年導入されたばかりである。花壇、切花等に用いられ、日当りと水はけの良いところを好む。10~11月頃に球根を植えると翌年に開花する。繁殖は分球で、花色は淡紫、青、紫、黄、オレンジ、白等の品種もある。
  • 地中海沿岸
  • ヨーロッパ
  • 西アジア
5~6月 アヤメ科
恋のとりこ ハナモモ
ハナモモ
日本には明治時代に中国から20品目が導入された、花木で、庭木、鉢植え、切花、盆栽等に用いられる。庭植えの場合、日当りと水はけのよい所に植える。他に八重咲き等の品種がある。
  • 中国
4月 バラ科
幸運が来る カキツバタ
カキツバタ
カオヨバナ、ハナアヤメとも言う。多年草。池に植えたり、切花、生け花などに使用する。日当りの良い比較的乾燥地を好む、粘土質の土地に植えると良いアヤメ類は種類によって水の要求量が異なるので注意が必要。株分けは夏。栽培しやすい花である。舞孔雀など10品種ある。
  • 日本
5~6月 アヤメ科
光栄
女性
名声
ノウゼンカズラ2
ノウゼンカズラ2
日本には1000年以上前に渡来した。花木で、庭木、生垣として利用される、日当りと水はけの良いところを好む。防寒の必要がないので育てやすい。繁殖は挿し木、株分けで、仲間にアメリカノウゼンカズラがある。
  • 中国
7~8月 ノウゼンカズラ科
光輝 セツブンソウ
セツブンソウ
エランテスともいう。小形の多年草で、石灰岩地帯を好むが、栽培には向かないが、日本にもセツブンソウ(ピンナティフィダ種)が自生する。鉢植えやロックガーデンに用いられる。
  • 日本
2~3月 キンポウゲ科
高潔
精神的な美しさ
高潔
貧弱
クレマチス
クレマチス
テッセン、カザグルマとも言う。つる性木本または多年草で、江戸時代から知られている。鉢植え、庭木に使用され、日当りと保水性の良い中性壌土を好む。寒さには比較的強い。繁殖は挿し木か実生、株分けもできる。現在120~130品種が栽培されている。
  • 日本
  • 中国
5月 キンポウゲ科
高潔 キク
キク
日本の渡来は1200年前と言われている。花壇、鉢植え、切花等で栽培され、日当りと水はけの良いところを好む。特に小ギクは水はけの良いところに苗を植えれば良く、比較的栽培しやすい。小菊、大菊それぞれ多くの品種がある。
  • 中国
  • 東アジア
10~11月 キク科
向上心
意外
驚き
ツクシ
ツクシ
ツクシンボ、スギナとも言う。、日本では古くから早春の摘み草として親しまれて来ました。多年草で、日当りの良い鉢植え、菜園で育てる。
  • 北半球の温暖域
3~4月 トクサ科
幸福
繊細
優美
愉快
ヤグルマソウ2
ヤグルマソウ2
ヤグルマギクとも言う。日本には明治中期渡来した。花壇、切花に適し、日当りと通風の良いところを好む。9月に種子を蒔くと4~5月に開花する。他に花色は赤、ピンク、青、紫、白や八重咲き等の品種がある。
  • ヨーロッパ東南部
4~5月 キク科
公平 ルドベキア
ルドベギア
ラゲハンゴンソウとも言う。明治中期、日本に渡来した。多年草又は一,2年草で日本に野生化している種もある、日当りと水はけの良い花壇等で栽培する。種子は春に蒔く。繁殖は実生、株分け。
  • 北アメリカ
7~8月 キク科
孤独
博愛
裏切
エリカ
エリカ
ジャノメエリカとも言う。花木で、日本には大正時代に導入された。鉢植え、庭植え切花に適し、日当り水はけの良い土を好む。特に鉢植えは夏の間は毎日水をやると良い。
  • 南アフリカ
  • ヨーロッパ
2~3月 ツツジ科
子どもらしさ キンポウゲ
キンポウゲ
ウマノアシガタとも言う。多年草で、庭植え、鉢植えで栽培される。日当りと風通しが良く、少し湿ったところを好む。繁殖は株分けで、他にタカネキンポウゲ等の品種がある。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
5~6月 キンポウゲ科
困難に打ち勝つ
征服
ヤドリギ2
ヤドリギ2
ホヤ、ホヨ、トビヅタとも呼ばれている。常緑寄生低木。通常は栽培されない。実は色付く。種類にアカミヤドリギがある。(写真はホザキヤドリギ)
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国
実の色つき11~12月 ヤドリギ科

ページの先頭に戻る