• ホームホーム

  • 当山の思い当山の思い

  • 供養供養

  • 葬儀・墓地葬儀・墓地

  • 祈祷・加護祈祷・加護

  • 相談

  • 学び学び

各種お申し込み・お問い合わせ各種お申し込み・お問い合わせ

  • よくあるご質問

  • アクセス

ホーム > 相談 > 花言葉 > 花言葉別 あ~お - 花言葉

相談

花言葉別 あ~お

 /  /  /  / 

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名

誠実
純潔
スミレ
スミレ
多年草で、紫、黄、白色、などが有り、春は日当たりの良い場所、夏は半日陰に、水はけの良い所を選んで植える。日本の野生種は60種類以上ありスミレ大国と言える、それに園芸種がある。
  • 日本
  • 中国
  • 北米
  • 南米
  • 地中海沿岸
3~6月 スミレ科

情熱
熱烈な恋
バラ2
バラ2
ロウズ、チョウシュンカ、ショウビとも言う。花木で、日本では江戸末期から明治の頃に栽培が盛んになった。庭木、切り花に適し、日当たりと通風、水はけ、保水の良いところに苗木を植える。肥料はかならず与えること。日本には約5000の品種があると言われている。
  • ヨーロッパ
  • アジア
  • 北半球地域
5~6月
9~10月
ばら科
愛情の薄らぎ
(黄)嫉妬
(白)私は貴方にふさわしい
バラ
バラ
ロウズ、チョウシュンカ、ショウビとも言う。花木で、日本では江戸末期から明治の頃に栽培が盛んになった。庭木、切り花に適し、日当たりと通風、水はけ、保水の良いところに苗木を植える。肥料はかならず与えること。日本には約5000の品種があると言われている。
  • ヨーロッパ
  • アジア
  • 北半球地域
5~6月
9~10月
ばら科
愛嬌
カンツバキ
カンツバキ
花木、庭木として日向でも日陰でも育つ。繁殖は実生、挿し木、接ぎ木による。サザンカの園芸種と言われている。
  • 日本
11~1月 ツバキ科
貴方に私は結びつく
はかない恋
アサガオ
アサガオ
ヒルガオ科の一年草つる草、平安時代に薬草としてヒマラヤ山脈のふもとから中国を経て日本に伝わった、鉢植え、庭植で栽培される。日当たりと水はけの良い所。肥料が必要。繁殖は種子による。大輪咲き、花色違い等の品種が多くある。
  • 亜熱帯
  • アジア
  • 熱帯
  • アメリカ
7~10月  ヒルガオ科
愛の情熱
ツツジ
ツツジ
花木で日本では江戸時代より栽培されている。庭園、公園樹、庭木、盆栽等に用いられ、苗は日当たりの良く、酸性土で水はけの良いところに9~10月に植える。人工交配によりたくさんの品種がある。
  • 日本
  • 北米
  • アジア
  • ヨーロッパ
4~5月 ツツジ科
愛嬌・遊び
エノコログサ
エノコログサ
ネコジャシとも言う。多年草で、各地の道ばたや空き地等に見られる。他にキンエノコロ等の仲間がある。
  • 日本
8~11月 イネ科
あなたといると心が静まります ペチュニア
ペチュニア
ツクバネアサガオとも言う。一年草で、日本には明治初期に渡来した。花壇、鉢植えで栽培し、日当たりと乾燥を好む。種は非常に細かく育苗に手間がかかるので苗を購入するのが便利。花色違い、八重咲きの品種がある。
  • 南アメリカ
4~10月 ナス科
あなたに同意する オイランソウ
オイランソウ
クサキョウチクトウとも言う。多年草で、日本では大正時代から栽培されている。花壇、鉢植えなどに適し、日当たり、水はけの良いところを好む。植え付けは秋か春。繁殖は株分け、挿し木で。花色違いの300以上の種類がある。
  • 北アメリカ
7~8月 ハナシスノブ科
あなたの容姿に酔う クレオメ
クレオメ
セイヨウフウチョウソウ、スイチョウカとも言う。多年草で、日本には明治初年度に渡来した。日当たり水はけの良い花壇等で栽培される。種子は4~5月に蒔く、白、桃色、赤紫系等の品種がある。
  • 熱帯アメリカ
7~10月  フウチョウソウ科
あなたを見つめる ヒマワリ
ヒマワリ
サンフラワーとも言う。一年草で、日本には江戸時代に渡来した。花壇、切花などで栽培され、日当りと水はけの良いところを好む。肥料を多く与えと良い。春に種子を蒔く。一重、八重咲きなどの品種がある。
  • 北アメリカ
7~9月 キク科
あなたを愛します
幸福が飛んでくる清純
コチョウラン
コチョウラン
ファレノプシスとも言う。多年草で、日本でも近年栽培が盛んになってきた。鉢植え、切花で栽培され、水はけの良い所を好む。通風を良くし、冬を除き直射日光をあてないこと。高温多湿を保つようにする。花色違い等の品種が多くある。
  • 東南アジア
  • インド
  • オーストラリア北部
通年 ラン科
あなたを離さない
イカリソウ
イカリソウ
多年草で、鉢植え、庭植えに適している。半日日陰とやや重い土を好む。2~3年おきに9~10月に株分けを行うことが大切。他にキバナイカリソウ、トキハイカリソウ等の種類がある。
  • 日本
4月 メギ科
あなたを救う
ソバ
ソバ
ソバ麦、クロ麦、ソマ等とも言う。日本には縄文末期に朝鮮半島をえて渡来したらしい。一年草で、家庭では栽培されないが、実は食用として利用される。冷涼な気候と痩せ地に適する。
  • 中国東
  • 南アジア
9月 タデ科
私の苦しみをやわらげる
レンゲソウ
レンゲソウ
ゲンゲ、ゲンゲバナとも言う。繁殖が強く自生している。レンゲソウはよく子供がつんで、楽しんでいる姿が見受けられます、又田んぼの刈り取りの後、種を蒔き、春の満開の時期に、田んぼにしきこみ肥料とます。花色は、朱紅、濃朱紅、黄色等がある。ソバ麦、クロ麦、ソマ等とも言う。日本には縄文末期に朝鮮半島をえて渡来したらしい。一年草で、家庭では栽培されないが、実は食用として利用される。冷涼な気候と痩せ地に適する。
  • 中国
4~6月 マメ科
あなたは美しい
優美な貴婦人
カトレア
カトレア
洋ランの女王と言われています。日本には明治の中ごろイギリスから入ってきた。花弁それもリップの部分が、傷み易いので購入時はしっかり、チエックしましょう。花色は赤、ピンク、黄色、オレンジ、青、紫、白、緑、復色、覆輪、底白、日当たりと通気の良い所で育てる。
  • 中南米
  • 熱帯アメリカ
10~2月 ラン科
あなたを思って胸が痛む
トリトマ
トリトマ
長く伸びた花茎についた上部が、鮮やかな赤色になり、トーチのように見えることから、英名をトーチリリーという。環境の適用性があり、高温多湿及び寒冷地でも積雪があれば越冬する。
  • 南アフリカ
6~10月 ユリ科
愛の絆
献身的な愛
ツキヌキニンドウ
ツキヌキニンドウ
花木で、日本には明治中期に渡来した。庭木、切り花として栽培され、日当たりの良いところを好む。耐寒性、耐暑性があるので栽培しやすい。花色違いの品種がある。
  • 北アメリカ
6~7月 スイカズラ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
威厳
荘厳
シャクナゲ
シャクナゲ
花木、庭園、鉢植えに用いる。夏の暑さを嫌うが、冬の寒さに強い。乾燥には気をつけること。繁殖は接ぎ木による。欧米では園芸品種が多い。
  • ヒマラヤ
  • 北アメリカ東部
  • ヨーロッパ
  • 日本
5~6月 ツツジ科
威厳 バイモ
バイモ
フリチラリアとも言う。日本には江戸時代に渡来した。庭園、鉢植えで、日当り、水はけのよい所に植える。北風や霜に弱い。植え替えは9~10月に行う、球根で約100種がある。
  • 北半球の温帯域
4~5月 ユリ科
いつも快活 サイネリア
サイネリア
シネラリアとも言う。赤色・紫・濃紫・赤紫・白色などの品種がある。一年草で、鉢植え、プランター等で栽培され、日当り、水はけ良い所を好む。秋に種子を蒔く、一重、八重、等の品種がある。名前が「死ね」を連想させるので、病気見舞い、新築祝いには持っていかないほうが無難である。
  • アフリカ北西
  • カナリー島
12~4月 キク科
いばり屋
移り気
浮気
冷酷
自慢家
あなたは冷たい
アジサイ
アジサイ
ハイドランジア、西洋アジサイ、シチヘンゲとも言う。赤色、ピンク、青、紫、複色、覆輪、底白等があり、花木で、奈良時代から鑑賞されている。庭木、鉢植え、切花等で栽培される。乾燥と痩せた土地を嫌い、品種は400種以上ある。
  • 日本
  • アジア
ほぼ周年
2~6月
ユキノシタ科
色あせぬ恋
おしゃれ
博愛
奇妙
気取り屋
ケイトウ
ケイトウ
カラアイ、サキワケゲイトウ、セロシアとも言う。一年草で、日本にも古くから渡来している。花壇、鉢植え、切花として用いられ、日当りと風通し水はけの良い所を好む。春に種蒔く、発芽は10℃以上必要。花色違い等の品種がある。
  • 熱帯アジア
  • インド
  • アメリカ
  • アフリカ大陸
5~11月 ヒユ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
うすれゆく愛 シュウメイギク
シュウメイギク
キブネギクとも言う。多年草で、日本には古くに中国から渡来し、野生化した。花壇、切花、茶花に用いられやや湿った酸性の土と半日、日陰を好む。繁殖は株分けによる。
  • 中国
  • 日本
9~10月 キンボウゲ科
内気
はにかみ
嫉妬
シクラメン
シクラメン
ブタノマンジュウ、カガリビバナとも言う。日本には明治末期に渡来した。鉢植え、切花として栽培される、球根草である。暑さを嫌うが、寒さには強い。開花後も水をやり、新芽を茂らせながら夏越しさせる。
  • 地中海沿岸
最盛期11~2月 サクラソウ科
内気
恥じらい
はにかみ
恥ずかしさ
シャクヤク
シャクヤク
エビスグサ、カオヨグサとも言う。宿根草で、日本には平安時代以前に渡来した言われている。庭園や切花で用いられ、日当りの良い所を好み、高温多湿に弱い。苗の植付けは、9~10月がよい。繁殖は株分けにより同月に行う。園芸品種は江戸時からある。
  • 中国北部
  • モンゴル
  • シベリア東南部
  • 朝鮮半島北部
12~5月 ボタン科
美しい眺め シャコバサボテン
シャコバサボテン
シャコサボテン、とも呼ばれている。多肉植物で、日本には明治初期渡来した。鉢植えでは水はけを良くして栽倍する。白、ピンク等色違いの品種がある。
  • ブラジル
12~2月 サボテン科
移り気
不安定
華麗
優雅
ダリア
ダリア
テンジクボタンとも呼ばれている。球根層で、日本には江戸時代に渡来した。花壇、切花、鉢植え等に用いられ、日当り、水はけの良い所を好む。春に球根を植え付けると、繁殖は株分け挿し芽で。花色違い等の品種が多い。
  • メキシコ
  • グアテマラ
5~7月
9~11月 
キク科
移りゆく日々
愛幕
変化
ワレモコウ2
ワレモコウ2
ジユとも言う。多年草で庭植え、鉢植え、茶花として用いられ、日当りの良い場所、湿地を好む。特に庭植えにすると、なかなか風情がある。繁殖は株分けで。他に斑入り葉の品種がある。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮
  • シベリア
8~最盛期9月 バラ科
裏切り
不信
ハナズオウ
ハナズオウ
スオウギとも言う。日本には江戸時代渡来した。花木で、庭木、公園樹に用いられ、日当り水はけの良い砂質壌土ところに植える。日陰は花付が悪い。油粕、鶏糞、化成肥料などを1~2月と花後に与える。他にシロバナハナズオウ等がある。
  • 中国
4月 マメ科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
永遠の愛 ローダンセ
ローダンセ
ヒロハノハナカンザシとも言う。写真の花はハナカンザシ、一年草で、日本には明治末期に渡来した。花壇、切花、ドライフラワー等に用いられ、日当りの良い所を好む。春蒔きは、花色違いの品種がある。
  • オーストラリア
4~6月 キク科
永遠の美
永遠の恋
真面目
豊な愛
ストック
ストック
アラセイトウとも言う。日本には江戸初期に渡来した。花壇、切花等に用いられ日当り、水はけの良い所を好む。秋に種子を蒔く、一年草で、一重、八重咲きなどの品種がある。
  • 南欧
11~5月 アブラナ科
栄光
頑固
グロリオーサ
グロリオーサ
グルリオサとも言う。日本には明治末期に渡来した。花壇、鉢植えで栽培され、日当りの良いところと高温多湿を好む。球根を4月に植え付ける、花色違いの品種もある。
  • 熱帯アフリカ
  • 熱帯アジア
周年
最盛期7~8月
ユリ科
エキゾチック アルストロメリア
アルストロメリア
ユリズイセンとも言う。日本には大正時代に渡来した。花壇、切花で栽培され、球根で、日当りと水はけの良い所を好む。おおくは耐寒性があるが冬暖かく夏涼しいのを好む。花色違いの品種がある。
  • 南アメリカ
5~6月 アルストロメリア科

▲ページの先頭に戻る

花言葉 植物名 栽培方法 原産地 開花 科名
大きな希望 カルミア
カルミア
アメリカシャクナゲとも言う。日本には大正4年(1915年)に渡来した。花木で、庭木や公園樹にもちいられ、日当りと水はけ、通気の良い所を好む。繁殖は挿し木、種子による。他に赤色、桃色など30品種ある。
  • 北アメリカ
5~6月 ツツジ科
奥ゆかしい心
落ち着きのある美しさ
エンレイソウ
エンレイソウ
多年草で、鉢植え、庭植えに適し、半日日陰を好む。水と肥料は多めに与え、根がはったら植え替える。他の種類にシロバナエンレイソウ、オオバナノエンレイソウがある。
  • 日本
4~5月 ユリ科
乙女のしとやかさ
清浄
カラー
カラー
バンカイウ、リリーオブナイル、カイウ、オランダカイウとも言う。日本には天保14年(1843年)に渡来した。球根草で、庭植え、鉢植え、切花等で栽培され、湿地を好む。球根の植付けは3月に行う。繁殖は分球による。花色違いの品種がある。
  • 南アメリカ
6~7月 サトイモ科
想い
内気
思案 

ハギ
ヤマハギとも言う。万葉の時代から愛好されている。花木で、庭木、公園樹、切花として利用されている。日当りの良い場所を好むが、繁殖は株分けと挿し木による。
  • 日本
  • 中国
  • アルーム地方
7~9月 マメ科
思わせぶり
愛の信託
別離
タンポポ
タンポポ
ナミタンポポ、アズマタンポポ、カントウタンポポとも言う。多年草で、日当りの良い所を好む。他にセイヨウタンポポ等の種類がある。
  • 日本
2~5月 キク科
音楽
不謹慎
後悔
神の信頼
アシ
アシ
ヨシ、キタヨシとも言う。多年草で、各地の池沼や川岸等に生える。汚水の浄化作用があり環境の面で注目されている。又工芸品の素材としてもよく使われる。
  • 日本
9~10月 イネ科
恩恵
温和
ゼニアオイ
ゼニアオイ
春まき2年草で、日本には江戸時代に渡来した。日当りの良い花壇等で栽培される、耐寒性があるので栽培しやすい。繁殖は株分け、挿し木、実生による。仲間にマロウがある。
  • アフリカ北部
  • 南ヨーロッパ
6~9月 アオイ科
温和
穏やかさ
優しさ
モミジアオイ
モミジアオイ
多年草で、日本には明治初めに渡来した。日当りと通風の良い花壇等で栽培する,耐寒性もあるが、寒冷地では敷き藁や盛り土して越冬させるのが、安全である繁殖は株分け。仲間にアメリカフヨウがある。
  • 北アメリカ東部
8~9月 アオイ科
思い出 フクジュソウ2
フクジュソウ2
ガンジツソウとも言う。多年草で昔から日本では、おめでたい花とされ正月の祝い花として、お飾り用にはなくてはならない福寿草です、江戸時代から栽培されている。鉢植え、庭植えに適し、半日日陰で水はけの良い所を好む。秋に株を植える、繁殖は株分け。他に一重、八重咲き等の品種がある。
  • 日本
  • 中国
  • 朝鮮半島
  • シベリア
2~3月 キンポウゲ科
思い出して シロツメクサ2
シロツメクサ2
クローバーとも言う。多年草で、日本には江戸時代に渡来した。グランドカバー等に利用され、日当りの良い湿ったところを好む。繁殖力が強い。
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 中国北部
  • シベリア
6月 アヤメ科
温和 ゼニアオイ2
ゼニアオイ2
春まき2年草で、日本には江戸時代に渡来した。日当りの良い花壇等で栽培される、耐寒性があるので栽培しやすい。繁殖は株分け、挿し木、実生による。仲間にマロウがある。
  • アフリカ北部
  • 南ヨーロッパ
6~9月 アオイ科
音信 キショウブ2
キショウブ2
多年草で、明治中期に日本に渡来した。水鉢、切花等で栽培さし、日当りの良い湿地を好む。秋植え替える、繁殖は株分け又は実生による。八重咲き、斑入り葉、白花等の品種がある。
  • ヨーロッパ
5月 アヤメ科

ページの先頭に戻る